人を理解する能力が職能のエージェント

エージェントとはフリーランス等で活動している人と契約を行うことで、その人に専門的な仕事を紹介したり、依頼主との交渉を行ったりする人、または組織のことである。
フリーランサーとしては仕事を探すことに注力する必要がなく、専門の仕事に集中することができるというメリットがある、特にその仕事が好きで余計なことに労力を使いたくない場合や、ひとたび仕事を請け負うと仕事を探す余裕がないほどに忙しくなってしまうような業種の場合には、とても需要が高い。エージェントを活用して案件を探せるということはフリーランサーにとってありがたいことなのである。

フリーランスと契約することによって、エージェントはその人の能力や要望をヒアリングし、必要としている仕事を探すことになる。
そして、仕事を獲得してフリーランサーがその仕事を請けることを決断すると、その想定年収や報酬額に応じて手数料を受け取ることができる。
これによってエージェントは生計を立てているのである。
したがって、より高収入となるような案件を獲得してくると、より高い手数料を得ることができるのである。

一方で、それをフリーランサーが断ってしまったり、仕事を達成できなかったりすると、依頼主との信頼関係に揺らぎが生じてしまうという面もある。
そのため、信頼関係を失う可能性があるというコストと、収入を増やせるというベネフィットとのバランスを考えて仕事を選び出すのが重要なポイントになるのである。その成功率を高めるのはフリーランサーのニーズの理解であり、求められる職能である。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *